乳酸菌と抗体

抗体とは免疫グロブリン(Ig)というタンパク質の事です。
この免疫グロブリンは異物が入ると、異物にある抗原と結合し抗体を作る事で体内から異物を排除する働きがあります。
抗体は私達の体の中から異物を除去してくれる働きをしてくれます。
ところが、人によっては抗体が少ない方もいます。
抗体が少ないとアレルギー症状を引き起こす事があります。
この抗体を増やすには乳酸菌を摂取する事が必要です。
ここでは乳酸菌と抗体の関係性について説明します。

アレルギー症状の原因とそのメカニズムとは?

例えば、花粉症は花粉が体内に入った時に、それを排除させようとする免疫反応によって起こる症状です。
花粉症の症状はくしゃみや鼻づまり、鼻水などが主な症状です。
空気中にスギやヒノキなどの花粉が鼻の粘膜に付着してしまうと、体内で抗体が作られます。
そして肥満細胞と結合します。
その後再び花粉が侵入すると、この肥満細胞からアレルギー誘発物質IgE抗体が過剰に放出される事で、アレルギー症状が起こってしまうわけです。

乳酸菌がアレルギーに効果があるその理由とは?

乳酸菌がアレルギーに効果がある理由には、アレルギーの仕組みに関係があります。
花粉症などのアレルギーから体を守るには、IgA抗体を増やし、IgE抗体を抑える事が大切です。
IgA抗体とは免疫グロブリン抗体といい、体内に入った異物から守る役割があるため、このIgA抗体が多い程、アレルギー反応に対する力が強くなります。
IgA抗体は腸管に多く存在します。
乳酸菌にはIgA抗体を増やす効果があります。
なぜなら乳酸菌は、善玉菌の一種で、善玉菌はIgA抗体を増やすだけでなく、免疫細胞間のバランスを整える効果があるからです。
アレルギーに打ち勝つ体質になるには、IgA抗体増やし、更にアレルギー誘発物質であるIgE抗体減らす事が重要になってきます。
ですが、腸内環境が悪くなってしまうとこの免疫機能のバランスが悪くなってしまい、アレルギー症状に繋がってしまうのです。
乳酸菌は腸内環境を改善する効果があり、免疫バランスを整えてくれるので、アレルギーの症状を緩和してくれるのです。

IgA抗体を増やすには植物性乳酸菌がおすすめ!

乳酸菌の中でもIgA抗体を増やすには植物性乳酸菌がおすすめです。
植物性乳酸菌とはその名の通り植物に含まれる乳酸菌で、発酵食品などのみそやしょうゆ、キムチなどに含まれています。
乳などから作られる動物性乳酸菌と比べても腸内環境で生息する力が強いので積極的に摂りたい乳酸菌です。

乳酸菌を摂取して免疫バランスを整えよう!

いかがでしたか?アレルギー症状を緩和するには乳酸菌の摂取が効果的です。
乳酸菌を摂取する事で腸内環境が良くなり、免疫バランスが整えられ、アレルギーの緩和に繋がるのです。
ですので、アレルギー体質が気になる方は、是非植物性乳酸菌の摂取を心がけてみてください。