植物性乳酸菌は悪玉菌を減らす

テレビなどで最近よく耳にする植物性乳酸菌。
植物性乳酸菌も、通常の乳酸菌と同じように摂取する事で、悪玉菌を減らす事ができるのでしょうか?
ここでは植物性乳酸菌の特徴や、悪玉菌に効果があるかについて説明します。

植物性乳酸菌とは?

植物性乳酸菌とはその名前のとおり植物を栄養源とした乳酸菌の事で、漬け物や醤油、キムチなどに含まれます。
ヨーグルトやチーズなどに含まれる乳酸菌は動物性乳酸菌で、主に乳を原料として生成されています。
植物性乳酸菌の特徴は、なんといってもタフな力にあります。
植物性乳酸菌は発酵食品などに含まれており、環境の悪い場所でも生き抜く力が強いです。
つまり、動物性乳酸菌の場合口から摂取すると、殆どが胃酸や胆汁で死んでしまいますが、植物性乳酸菌は胃酸や胆汁などに強く、生きて腸まで届く事ができる強い乳酸菌なのです。

悪玉菌が増えるとどうなるの?

では、次に悪玉菌とは一体どのような細菌なのでしょうか? 悪玉菌とは体に不利益な効果をもたらす腸内細菌の事です。
有害物質を出します。
悪玉菌の代表的なものに大腸菌があります。
大腸菌は生まれた時から腸内に生息しています。
通常の場合、増え過ぎない限り害はないのですが、偏った食生活だったり、加齢などが原因で腸内で増えてしまうと腸内環境を悪くし、便秘や免疫力が低下してしまいます。

植物性乳酸菌は悪玉菌を減らす効果がある!

植物性乳酸菌もビフィズス菌と同じ善玉菌の一種です。
植物性乳酸菌を積極的に摂取する事で善玉菌が増え、悪玉菌を減らす効果があります。
腸内は腸内フローラといって腸内環境のバランスがとても重要です。
この腸内フローラはお花畑に見える事からフローラとよばれています。
腸内フローラのバランスが善玉菌2、悪玉菌1、日和菌7のバランスが最も良い状態です。
日和菌とは善玉菌と悪玉菌の優勢な方の味方につく菌の事です。
植物性乳酸菌を摂取する事で悪玉菌を減らし、日和菌を味方につけて腸内バランスを整える事が大切なのです。

植物性乳酸菌を積極的に摂り悪玉菌を減らそう!

いかがでしたか?腸内環境を良くするには、善玉菌が優勢な状態にする事が大切で、このバランスを保つためには、植物性乳酸菌を摂取し、悪玉菌を減らすようにしましょう。
又、日頃から植物性乳酸菌を摂取するだけでなく、食生活など意識する事も大切です。