乳酸菌が善玉菌といわれる理由

乳酸菌は善玉菌の代表格です。
ではなぜ乳酸菌が善玉菌といわれるのでしょうか?ここでは乳酸菌が善玉菌といわれる理由について説明します。

乳酸菌が善玉菌といわれる理由とは?

まず、善玉菌とは、腸内に生息している人間にとって有益な働きをする腸内細菌の事です。
古くから人間と共存する腸内細菌の善玉菌は、腸内環境を良くするだけでなく、様々な体の健康維持に役立つ大変重要な腸内細菌です。

乳酸菌が善玉菌といわれる理由は、上記でも述べた様に、乳酸菌が腸内の中で有益に働く細菌だからです。
乳酸菌の主な働きは、便秘改善やアレルギーの緩和、がん細胞の抑制、免疫力を高めるなどがあります。
乳酸菌は腸内に生息し、健康維持に役立ってくれるのです。

善玉菌である乳酸菌を増やす3つの方法とは?

では善玉菌である乳酸菌を腸内で増やすためにはどのような方法があるのでしょうか?効果的に乳酸菌を増やせる3つの方法をご紹介していきます。

1.食物繊維やオリゴ糖を摂る

腸内で善玉菌を増やすには、元々腸内に存在する善玉菌を増やす方法があります。
食物繊維やオリゴ糖は乳酸菌のエサになります。
食物繊維やオリゴ糖を積極的に摂取する事で善玉菌のエサとなり、腸内で善玉菌が増えるのを助けてくれる効果があります。
食物繊維は主に野菜や果物、豆類や芋類、穀物などに多く含まれ、オリゴ糖は玉ねぎ、豆類、バナナやハチミツなどにも含まれています。

2.乳酸菌を多く含む食品で摂る

腸内で善玉菌を増やすには、乳酸菌を多く含む食品を摂取する事も大切です。
ヨーグルトやチーズはもちろんですが、味噌や、醤油、キムチといった発酵食品などにも多く含まれています。

3.ストレスを溜めないようにする

大腸と脳には直接関係ないと思われがちですが、実は脳と腸には大きな関係があります。
例えば緊張したときや、環境が変わった時など、下痢や便秘になった事はありませんか?それは脳がストレスを感じると、自律神経から腸にストレス信号が伝わる事が原因で起こる現象です。
この事を「脳腸相関」といい、脳がストレスを受け続けると、それに伴い腸の働きが鈍くなり、悪玉菌が増えやすい環境になってしまいます。
以上3つの方法を意識して取り入れるだけでも善玉菌である乳酸菌を増やす効果があるのです。

善玉菌である乳酸菌を増やし、健康維持を心がけよう!

いかがでしたか?乳酸菌は腸内で有益に働く善玉菌の一種です。
善玉菌を増やすには体内で増やす方法や、外側から摂取する方法があります。
是非健康維持のためにも乳酸菌である善玉菌を増やす生活習慣をこころがけてみてください。