機能活性型乳酸と乳酸菌

乳酸菌はこれまで様々な種類が発見され、ヨーグルトなどの発酵食品だけでなく、サプリメントなどからも簡単に摂取する事ができるようになりました。
乳酸菌を摂取する理由の1つに腸内環境を良くする効果があります。
乳酸菌の一種である善玉菌は腸内に常に存在していますが、この善玉菌は不規則な食生活やストレス、睡眠不足などで簡単に減少してしまいます。
そこで腸内環境を常に良い状態を保つために機能活性型乳酸というものがあります。
ではこの機能性乳酸についてどんなものなのか、機能活性型乳酸と乳酸菌との関係について説明します。

機能活性型乳酸とは?

機能活性型乳酸は別名Lac(ラック)といい、乳酸を分子結合させた物質の事です。
機能活性型乳酸は、腸内の乳酸菌の定着率をアップさせる特徴があります。
腸内に存在する善玉菌を増殖させ、独自の素材でもある機能活性型乳酸は、便秘の改善や肌荒れ、アトピーの緩和にも効果があります。

機能活性乳酸と乳酸菌との違いとは?

乳酸と乳酸菌は全くの別物です。
乳酸菌はその名前の通り、発酵食品などに存在する生きた細菌の事です。
一方乳酸は、生き物ではありません。
糖分を分解して生み出された物質です。
体を動かしたり、筋肉を使うと、糖分が分解されます。
血液中の乳酸は肝臓に運ばれ、エネルギーに変わります。
乳酸はそのエネルギー源の素となる物質です。
因みに通常の乳酸では値が限界を超えてしまうと、筋肉のph値が酸性になり、体に疲労を感じさせてしまいます。
ですが機能活性型乳酸は腸内のphを調整する事ができます。
通常、乳酸のphは1~2の強酸性に対し、機能活性型乳酸はph6の弱酸性です。

機能活性型乳酸と乳酸菌との関係は?

ではこの機能活性型乳酸と乳酸菌との関係を具体的に見ていきますと、機能活性型乳酸は先ほども述べました様に、弱酸性です。
そして腸内環境も弱酸性です。
すなわち、機能活性型乳酸は腸内環境を安定させる効果があり、善玉菌の一種である乳酸菌の定着率を上げ、善玉菌の増殖に効果を発揮するのです。

機能活性型乳酸をためして腸内環境を整えよう!

いかがでしたか?
機能活性型乳酸はサプリメントなどで簡単に摂取する事ができます。
乳酸菌だけでなく、機能活性型乳酸のサプリメントも同時に摂取する事で相乗効果もありますので、是非毎日の食事と共に機能活性型乳酸のサプリメントも摂取してみましょう。