ラクトフェリンと乳酸菌を一緒に摂るメリット

ラクトフェリンとは人工ミルクなどに含まれている赤ちゃんにとってとても大切な栄養成分です。
ではこのラクトフェリンと乳酸菌を一緒に摂取する事によるメリットとはなんでしょうか?今回はラクトフェリンと乳酸菌を一緒に摂るメリットについて説明します。

乳酸菌とはどんな栄養成分?

乳酸菌はその名前の通り細菌の1つで、腸内にたくさん存在している、人にとって有益な細菌です。
乳酸菌は善玉菌の一種でもあり、腸内環境を良くする上でなくてはならない細菌です。
乳酸菌はヨーグルトやチーズだけでなく、発酵食品などにも多く含まれており、キムチや漬け物、味噌などにも多く含まれています。
乳酸菌の効果は腸内環境を良くするだけでなく、免疫機能を高めたり、血圧やコレステロールを低下させたり、花粉症などにも効果があります。

ラクトフェリンとはどんな栄養成分?

ラクトフェリンはあまり聞き慣れない方も多いのかもしれません。
ラクトフェリンとはラクトが乳、フェリンが鉄を結合させるたんぱく質という意味からきています。
このラクトフェリンは、出産後のお母さんの初乳に最も多く含まれており、生まれたての赤ちゃんに対し、免疫機能を高める働きとしてとても重要な栄養成分です。
ラクトフェリンは免疫機能を高めるだけでなく、がん予防や抗酸化作用もあり美容面においても効果のある栄養成分です。

このように、乳酸菌とラクトフェリンの違いは乳酸菌は細菌であり、ラクトフェリンはたんぱく質です。
乳製品に含まれているラクトフェリンは乳酸菌と違って増える事はありません。

ラクトフェリンと乳酸菌を一緒に摂るメリットとは?

では乳酸菌とラクトフェリンを一緒に摂取するとどのような効果があるのでしょうか?実はラクトフェリンは腸内環境を良くする善玉菌のエサとなってくれます。
腸内環境は善玉菌2、悪玉菌1、日和菌7という腸内環境の割合が重要です。
そして乳酸菌は善玉菌の一種です。
つまりラクトフェリンは善玉菌である乳酸菌のエサとなって腸内環境をサポートする働きがあるのです。

いかがでしたか?
乳酸菌とラクトフェリンは物質は違いますが、それぞれ腸内環境を良くする上で、人体に良い効果を与えてくれます。
ラクトフェリンは善玉菌のエサになり、乳酸菌を増やす相乗効果がありますので、乳酸菌とラクトフェリン配合のサプリメントなどを使用してみてください。