乳酸菌でストレス対策

ストレスは体に悪影響を及ぼす原因の1つです。
ストレスが溜まりすぎると、睡眠障害や鬱になったり、健康被害となってしまいます。ストレスを解消する事は健康にとっても大変良いのですが、なかなか難しい事もあります。
そんな中、乳酸菌がストレスを和らげる効果があるのをご存知でしょうか?
ここでは乳酸菌とストレスとの関係性について説明します。

乳酸菌がなぜストレスに効果があるのか?

乳酸菌がなぜストレスに効果があるのでしょうか?
それは脳腸相関という脳と腸との密接な関係に乳酸菌が大きく関わっているからなのです。
まず、聞き慣れないこの脳腸相関とは、まず腸は第2の脳とも呼ばれ、脳から直接神経に命令がいかなくても、個々で活動する事ができる器官です。
ですので腸は脳と同じく、人間にとっても大変重要な器官であり、脳と腸はお互いに影響を及ぼしあう関係です。
例えば緊張するとお腹が急に痛くなったり、便意をしたくなる経験はありませんか?
これがまさに脳腸相関の仕組みなのです。
緊張のあまり、脳が自律神経を通して、腸にストレスを与えてしまう事で便意が起きてしまうのです。
逆に腸の状態が良くないと、脳に不安な気持ちが増します。
これは消化器官からホルモンが分泌されて起こってしまう状態です。
乳酸菌は腸内環境を良くする働きがあり、腸内環境が良くなれば、脳に与えるストレスを緩和させ、ストレスに強い体を作ってくれるのです。

ストレスに効果のある乳酸菌C-23ガゼリ菌をご紹介!

ではここで脳内相関に着目したC-23ガゼリ菌について説明します。
まず、このC-23ガゼリ菌はカルピス社が、脳内相関に基づいて研究し、発見した乳酸菌です。
ストレスを感じている人が、C-23ガゼリ菌を摂取したところ、腸内環境が良くなり、脳への働きでストレスを緩和し、体の不調を改善する効果がありました。
研究結果からも、C-23ガゼリ菌を摂取する事で、ストレスからくる不眠障害や腹痛症状などが改善されました。
この研究結果からみてもC-23ガゼリ菌はストレス社会で生き抜く人達にとって、とても有効な乳酸菌なのです。

腸内環境を良くしてストレス社会に強い体づくりを目指そう!

いかがでしたか?
乳酸菌がまさかストレスに効果があるとは驚く方もいらっしゃったのではないでしょうか?
ですが、考えてみると便秘の時など気分が憂鬱になりやる気がおきなくなったり、逆に便が出てスッキリした時はやる気が出たりと、気分が変わったりします。
この事からみても脳との関係は密接にあるのです。
ストレスを溜めないためにも乳酸菌を摂取して腸内環境を良くし、健康でストレス社会に強い体つくりを目指してみませんか?