乳酸菌風呂ってなに?

乳酸菌は体に良い細菌ですが、乳酸菌は体内に摂取するだけでなく、お風呂などに入れても効果がある事をご存知でしょうか?今回は乳酸菌風呂について詳しく説明します。

乳酸菌はヨーグルトなどから摂取するものだと思われがちですが、実は乳酸菌はヨーグルトなどの発酵食品だけでなく、お米にも存在します。
乳酸菌風呂とはその米のとぎ汁で乳酸菌を作る方法です。

乳酸菌風呂の作り方

乳酸菌風呂の作り方はとても簡単です。
米6合に対し、水を1リットル使用するだけです。
ただし、お米は出来るだけ新しいもので無農薬が好ましいです。
そして使用する水もミネラルウォーターにしましょう。
これらを使って米を長めに洗い、濁った水を常温で放置し、1日1度はかき混ぜで空気を入れ替えましょう。
これをお風呂にいれるだけで乳酸菌風呂ができます。

乳酸菌風呂の3つの効果とは?

米のとぎ汁から作る乳酸菌風呂ではどのような効果が得られるのでしょうか?乳酸菌風呂から得られる3つの効果についてまとめてみました。

1.アトピー性皮膚炎の改善効果

乳酸菌はアトピー改善に効果があります。
ブリュッセル大学での研究によると、この米のとぎ汁で1日2回入浴をする事を続けたところ、20%の人にアトピー改善の効果がありました。

2.美肌効果

米ぬかの化粧水がある様に、米のとぎ汁乳酸菌にも美肌効果があります。
乳酸菌風呂に入るとお肌がしっとりとし、すべすべにする効果があります。

3.家庭菜園での活用

乳酸菌風呂の残り湯を薄めて植物などにスプレーすると、植物の成長が促進されるだけでなく、防虫効果にもなります。

乳酸菌風呂のデメリット

乳酸菌風呂のデメリットとは一体どのような事でしょうか?まずは衛生面におけるデメリットです。
米のとぎ汁自体でんぷんが含まれていますので、雑菌やカビなどが生えやすい状態でもあります。
ですから乳酸菌風呂を作ったらすぐに入る様にしましょう。
又、米アレルギーの体質の方には使用するにあたり注意が必要です。
体質の面からみても乳酸菌風呂を作る際は少しずつ様子をみてから行って下さい。

乳酸菌風呂は自然に優しく経済的!

いかがでしたか?乳酸菌はヨーグルトやキムチ、サプリメントだけでなく、食事以外でも活躍する事がわかりました。
もちろんメリットだけでなく、デメリットも踏まえた上で自己判断が重要になりますが、自分に合えばこれほど経済的で、自然に優しいものはありません。
もし不安な方は乳酸菌風呂からだけではなく、米のとぎ汁で一度化粧水を作って少しずつチャレンジしてみてはいかがですか?